2014/10/1 更新

看護師いろいろ

社会における関心の高い医療の世界ですが、このことは医療の関係者にとっては朗報なのではないでしょうか。考えてみれば、医師や看護婦など、医療の現場に携わる人たちは、患者の命を守る仕事であるとして、尊敬と関心とを集めてきました。私たちも例外なく、医師や看護婦に対しては特別な関心を持っているのではないかと思います。ですがよくよく考えてみると、私たちは医師や看護師等医療現場で働く人たちの仕事、生活、収入等については、知っているようで実は意外と多くを知らないのではないでしょうか。実際彼らの生活ぶりの様子などは、まだまだよく知られておらず、もしかすると逆に世間に誤解されている面も少なくないのではないでしょうか。ということで今日は世間からの関心が高くありつつも、実はあまり知られていなかった医師や看護師の話をしていきます。そうした仕事への就職、転職を考えている人たちがいたら、是非役に立って欲しいと思います。そして本気医師、看護師という職業につきたいと思うのなら、それらの仕事をよく理解し、努力を続けて欲しいと思います。
皆さんは看護師の仕事についてはどのようなイメージを抱いていますか。看護師の仕事を法的に定義すると「傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助」(保健師助産師看護師法)となります。実際には診療の補助に関する仕事は多く、この定義に全て収まるとも言い切れません。
看護師は赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる世代の人々の重要な健康問題のケアに第一線で関わっていると言ってもいいでしょう。例えば妊婦のケア、乳幼児やお年寄りのケア、病気や怪我、手術で思うように動けない人へのケア、死の看取り等といった、まさに出産、病気、老化、死と人間のあらゆる局面とそれに関わる医療に常に接している、医療現場で非常に重要な存在です。
看護師の仕事の一部は医師の指示に基づいて行いますが、看護師の主要な仕事である看護は医師の指示を受けなくても看護師自身の判断で自主的に行うことができます。数ある看護のなかで特に重視されているのが、日常生活動作(ADL)の看護ケアです。ADLとは難しい言葉を使っていますが、私たちが日常生活で普通に行っている洗顔、入浴、食事、排泄、睡眠等の行為の総称です。健康な生活を送っていればごく当たり前のこうした行為も、例えば病気や怪我で起き上がれなくなったりすると非常に不便を生じます。看護現場でADLができなくなった患者のために看護計画を立ててADLの支援を行います。こうした看護には、医学的な知識、専門的な看護技術はもとより、患者の苦痛や不安等を理解し少しでも和らげるようなコミュニケーション技術、思いやりの気持ちといった精神的な素養も含む、非常に幅広く有機的な知識や技術が求められます。
看護師の仕事のもう一つの柱は、私たちもよく知っている医療補助です。病気や怪我をし、治療を受ける患者の精神状態は時に非常に不安になっています。皆さんもそんなときに看護師や看護婦に勇気付けられ、不安が解消されたという経験はありませんか。看護師は治療を受ける患者に付き添って不安を和らげたり、必要に応じて説明をしたり、万が一異常があればすぐに対応できるよう患者を見守ったりしています。そして医師に指示による治療行為がスムーズに進むよう、注射、採血、点滴といった医療作業を看護師が行っていきます。

治療方針を決定するのはあくまで医師であり、看護師はそれに従って医療行為を行いますが、医師ら医療スタッフから見ても、患者から見ても、医療の現場での看護師の存在と果たす役割は非常に大きいと言えます。

Valuable information

石垣島でダイビングを楽しむ

2017/9/1 更新