2014/10/1 更新

准看護師

私たちにとって医師や看護師は非常に身近な存在です。小さい頃病院で医師や看護師によって病気や怪我を治してもらい、そして彼らに深く感謝したという経験は誰もが持っているのではないでしょうか。またTVや映画で献身的に患者の治療に当たる医師や看護師の姿を見ると、いつも心を打たれます。こうした経験が基になっているのか、毎年多くの若者が医師や看護師になりたいという希望を抱き、医療の世界の門を叩いています。そうした若い彼らの存在は医療の世界の未来を明るくしてくれるものと言えます。前置きが少々長くなりましたがここでは医師、看護師という職業の概略についてお話していきます。
看護師、保健師、助産婦、養護教諭等を看護職と呼んでいます。これ以外に准看護師という職種があります。准看護師は看護師とは資格が異なりますが、看護師と一緒に働く看護職の一員です。
看護師はみなさんにとって御馴染みでしょう。では、准看護師とは何でしょうか。看護師と准看護師とは違いが二つあります。一つは、看護師は看護を必要とする全ての患者に、自らが判断して主体的に看護ができます。それに対して准看護師は医師や歯科医師、看護師らの指示を受けなければならない、ということです。もう一つは、看護師が国家試験に合格してから得られる国家資格であるのに対し、准看護師は都道府県資格である、ということです。
准看護師の資格は、中学卒業後2年以上の看護教育を受けて、都道府県知事によって行われる准看護師試験に合格すると得ることができます。数ある看護職の仕事の中でも、准看護師は資格取得後最も早く仕事に就くことができます。
准看護師養成校の多くは昼間定時制です。看護助手等として働きながら学ぶケースが多くなっています。卒業すると、多くは病院や診療所に就職して、医療の第一線で働きますが、引き続き看護師を目指して進学する人もいます。准看護師の仕事内容としては、多くが看護師のそれとほぼ同じです。例えば日常生活動作(ADL)の看護ケアがあります。ADLとは難しい言葉を使っていますが、私たちが日常生活で普通に行っている洗顔、入浴、食事、排泄、睡眠等の行為の総称です。准看護師は看護現場でADLができなくなった患者のために看護計画を立ててADLの支援を行います。こうした看護には、医学的な知識、専門的な看護技術はもとより、患者の苦痛や不安等を理解し少しでも和らげるようなコミュニケーション技術、思いやりの気持ちといった精神的な素養も含む、非常に幅広く有機的な知識や技術が求められます。
また准看護師の仕事のもう一つの柱は、私たちもよく知っている医療補助です。病気や怪我をし、治療を受ける患者の精神状態は時に非常に不安になっています。准看護師は治療を受ける患者に付き添って不安を和らげたり、必要に応じて説明をしたり、万が一異常があればすぐに対応できるよう患者を見守ったりしています。治療行為における注射、採血、点滴といった医療作業を看護師が行っていきます。但し准看護師の育成カリキュラムは、「看護師の補助者としての技術」を学ぶことを目的に組まれているので、准看護師の仕事は看護師アシスタントという位置づけになります。

准看護師には看護師国家試験受験資格が与えられるので、その後看護師になるため進学する道も開けています。また准看護師とはいえども、ベテランの准看護師になると技術や知識、経験が非常に豊富なので、医療の現場ではたいへん重要な役割を担っています。

pickup

富士通
http://jp.fujitsu.com/
紀州の梅干
http://www.kawamotokk.co.jp/

2015/8/21 更新